Category
外壁塗装について
Category

定期メンテナンスと早めの施工が重要

営業基盤である新座市や朝霞市、ならびに近郊エリアを中心に屋根や外壁塗装工事を承っております。建物の外壁と屋根には、快適な生活を守る最も重要な役割があります。日照りや風雨など年間を通して常に過酷な環境にあり、どうしても経年劣化してまいります。高度な技術で確実な外壁塗装を施すことで、外観の美しさを取り戻すに留まらず、遮熱や防水効果を発揮し、心地よい暮らしと建物の長寿命化が実現できます。

マイホームのSOSの最初のサインとして、まず外壁や屋根の色あせが挙げられます。塗膜の劣化が始まっていることが疑われ、そろそろ外壁塗装や屋根防水塗装の検討を始める時期にあるといえます。外壁を触ると白い粉が手に付く現象は、すでに塗装表面の劣化が進行していることを示し、放置しておくとひび割れやカビ、サビなどが発生しますので、早めの改修が必要です。また、外壁の塗膜の膨れや剥がれが見られるようになると、雨水の浸入などが懸念され、放置すると雨漏りや建物の構造に悪影響を及ぼす事態に発展する場合があります。一般的に外壁塗装や改修工事は新築から10年から13年が目安だと言われています。定期的なメンテナンスと早めの着手は、コストを抑えた大切な住まいの美しさと機能を守ることにつながります。新座市をはじめとした地域に密着し、自社職人による高品質な施工と安心の10年保証で、より長く続くお客様の快適な暮らしをサポートいたします。

RELATED

関連記事